読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中のムニエル

梅雨に入り、蒸し暑い気温が続く。

相変わらず僕は知り合いのバーでぼーっと過ごすような生活をしている。わずかな小銭で古本を買い、ファストフード店で読みながら時間を潰す。そんな感じで毎日を消費していた。

今日も適当に本でも買おうか、どこかブラブラ散歩にでも行こうかと思いながら家の近所を歩いていた。誰にも会いたくない、そう思ってたけどこうして意味も無く辺りをグルグル周るのは誰かに会って吐き出したいからなのかも知れない、いやでもそんなことはない、会いたくない、でも…。モヤモヤした思いが頭の中をグルグル回って結局家に帰って、寝た。

睡眠はよく取れてると思う。ここはもう暑くて寝苦しい夜が続くこともあるけど、そんな時は一度外に出てコンビニでアイスでも買って一息つく。車が一台も通らない道の真ん中を歩きながら好きな音楽を聴くのは気持ちよくて、この世界に自分だけが取り残されたような感覚に浸れる。そうしてひとしきり楽しんだあと家に帰って、顔でも洗うと気温はいくらか下がったような気がして気が付けば朝だ。そうしてまた1日が始まる。

塞ぎ込んだりもするけどこれ以上悪くなることは無いと思う。プラスの気持ちになるスピードは遅いけど代わりにマイナスになるような事も起きないし、平和だ。

平和と言えばバイトで披露宴の二次会に参加して、フードをよそったりしたんだけどみんな楽しそうでそこでも平和だ、と思った。新郎新婦に感謝されてパティシエだという新郎にケーキを頂いた。こういう男性と結婚出来る新婦さんはきっと幸せになると思う。

バーで年上の女性と話す機会が増えたんだけど、やはり男女の関係の距離感は理解が根本的に出来てない所が多く、理解出来たとしても納得まではいかない、みたいな事ばっかりなので「俺の心は生涯少年なんですよ」と誤魔化しておいた。男は料理が出来たらモテるらしい。結婚に全然興味無いけど、一応練習は今からやってみようかな。いや別にモテたいとかじゃないけど。作れるようになりたいし。ムニエルとか。