硝子の鐘、さよならの向こう

分かる人はこんにちは

生きるなら生きてくしかねえんだぞ

 

人生のうちで自分が何かを選んだことはあるだろうか?

思えば人生で立たされた岐路、選ばされた選択肢は無数にあるように見えていつだって大きそうな所を選んでた気がする。

芯の強い人間ならばどこに進んでも何を選んでもある程度は功績を残せただろうが凡人に出来ることは大きい道が果たして正解なのか考えることだけ。俺はそれを全部怠ってきたように思えて。甘えて、ただ流されないように構えて、委ねて、そして今だ。

 

ここまで何かの思い通りに生きて、自分は今から道を選べるのだろうか?選択肢を、見つけられるのだろうか?

ここ数ヶ月はそのポイントが多かった気がする。何かの覚悟、何かの決心、何かの諸々…

考えた結果での今だけどそれでも未だ不安は拭えず「これで良いのだろうか、良かったのだろうか?」と心にしこりが残る。

 

奮い立たせるように呟く言葉。生きるなら、生きてくしかねえんだぞ。

とりあえずは、自分が芯の強い人間に近付けるように努力するしか無い。ブレなきゃどこ行ったって良いのだ。何選んだって良いのだ。